2020.12.28  2021.04.04

Googleアドセンス、同じコードをサイト内に複数設置してみた。

皆さんこんにちは!マコブログです!

今回は当サイトでGooogleアドセンスの広告を張る際に工夫するべき点を紹介していきたいと思います。
それでは早速行ってみましょう!

Googleアドセンスで発行したコードを同じサイト内の複数個所に貼ってみた。

同じアドセンスコードをサイト内で複数使用することはできます。(推奨非推奨のGoogleからのコメントは見つけられませんでしたが)

そもそも、いちいち全ての記事にアドセンスコードを発行していたらとんでもない量になりますよね。
なので同じコードをサイト内で使用しても良い物だと自分は解釈しています。
※これから数年後の間に仕様が変わる可能性もありますので、その時は随時記事を更新します。



ですが、サイト内で全てのアドセンスコードを同じにしてしまうと、デメリットもあります。
それは、アドセンスを配置した記事ごとの「アクティブビューの視認可能率」を確かめることができなくなる事です。

「え?アクティブビューの視認可能率?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、Googleアドセンスの管理画面を確認すると、
それぞれの広告がユーザーにどれだけみられているかをパーセンテージ化した数値が出ているんです。

つまり、配置した広告の位置が悪かったり、ユーザーにとって関心のない位置に広告が貼られている場合などに、
その数値をもとに改善ができるんです。

オススメ

上記の理由から、僕がおすすめするアドセンスコードの貼り方は、
記事なら記事用、サイドバーならサイドバー用、固定ページなら各固定ページ用にコードを発行することです。
細分化しすぎる必要はありません。大まかにグループ分けをして、コードを発行する。
これが一番効率的だとおもいます。

こうすることで、ユーザーが主にどこの広告をクリックするのかが分かり、広告掲載位置の改善などにもつなげていけるかもしれません。


まとめ

いかがでしたか?
今回はGooogleアドセンスの広告を張る際に工夫するべき点を紹介しました。
最後までご覧いただきありがとうございます。

こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
Googleアドセンス広告がCSSで調整できない件について

それでは!また次回の記事で!

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →