2020.12.21  2021.04.04

MW WP FORMでカスタム投稿機能の内容をフォームの選択肢にする方法

皆さんこんにちは!マコブログです!

今回は、WordPressのプラグイン、MW WP FORMで投稿機能の内容をフォームの選択肢にする方法を紹介していきたいと思います。

今回もMW公式から発表されているフィルターフックを使用します。
使用するフィルターフックは下記です。
add_filter(‘mwform_choices_mw-wp-form-XXX’, ‘add_products’, 10, 2);



functions.phpに記述する内容は下記です。

記述例

add_filter('mwform_choices_mw-wp-form-XXX', 'add_products', 10, 2);
function add_products($children, $atts)
{
 if ($atts['ネーム属性'] == 'カスタム投稿タイプ') {
  $products = get_posts(array(
  'post_type' => 'カスタム投稿タイプ',
  'posts_per_page' => -1
  ));
  foreach ($products as $product) {
  $children[$product->post_title] = $product->post_title;
  }
 }
 return $children;
}

こうする事で、ターゲットにしたネーム属性(セレクトボックス)の中身に投稿のタイトルが出力されます。



いかがでしたか?
今回は、MW WP FORMでカスタム投稿の内容をセレクトボックスの選択肢にする方法を紹介しました。
この方法を応用してチェックボックスなどにも投稿の内容を反映させることができるので、是非試してみてください。

こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
MW WP FORMでURL引数のフィルターフックを使う方法

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →