2020.10.04  2021.04.04

プラグイン MW WP FORM 確認画面に遷移できないバグの原因と改善方法

こんにちは!マコブログです!

今回は、WordPressプラグイン、MW WP Formを使用した際、確認画面に遷移できないバグの原因と、改善方法についてご説明したいと思います。

そもそも、お問い合わせなどのコンバージョンを得るために設置している企業サイトなどで、フォームが送信できないということは、ユーザーの信頼を著しく損ねますし、

利益に直結するチャンスを逃すことになります。



なので、WEB制作者やWEB管理者の方は、必ずフォームが正常に送信されるのかをこまめに確認していただきたいと思います。

送信ができない場合、又は確認画面に遷移できない場合

まずはMWフォームの設定画面に行きましょう。

フォーム内の下のほうに、下記画像のような各ページのURL設定欄があると思われます。

こちらの設定が原因になっており、確認画面に進めなかったり、アクセスできません。と警告を出されてしまう場合があるのです。

MW WP Formは確認画面、完了画面がそれぞれ作れるフォームプラグインなので、こちらに該当するページのURLを選択してください。
(※確認画面と完了画面のURLを分けない場合はそのまま空欄でかまいません。)

各ページのURLを分ける場合は、必ず、エラーを出したときに遷移するページ先のURLも記述してください。
(これがないとエラーを頻繁に出してしまいます)

WordPress側のパーマリンク設定を見直す

以上の作業が完了したら、必ずWordPressの管理画面から、設定>パーマリンク設定に進み、中身をご覧ください。

そして、「カスタム構造のURL」という項目のURLの末尾に「/」が有るか無いかを確認してください。

ここに末尾に「/」が無い場合MW WP Formの設定で末尾に「/」を入れてしまうと、確認画面に永遠と行けず、ひたすら入力画面にリダイレクトされてしまいます。

確認が完了しましたら、もう一度MW WP Formの設定画面に戻り、URL設定欄をご確認ください。
そして、WordPress側の設定で末尾に「/」が無かった場合、MW WP FormのURL設定にも、末尾の「/」は外してください。



原因としては、WordPress側にカスタム構造のURLの正規型が末尾「/」と登録されていると、

末尾「/」有のURLは異常なURLと判断され、WordPress自体のリダイレクト処理の対象になるのと、MW WP Formのリダイレクト処理がぶつかってバグが発生します。

追記

自作のオリジナルのテーマを使用している場合、ヘッダーやフッターにwp_head()、wp_footer()、get_header()こちらの記述等を忘れている場合もあるそうです…。
↑これはさすがにないかな…?

まとめ

今回はMW Formで確認画面に進めず、入力画面にリダイレクトしてしまう原因と、その解決方法をご紹介しました。

MW WP FormでURL設定を行う場合は、必ずWordPressの管理画面から設定>パーマリンク設定でカスタムURLの末尾に/が有るか無いかを確認しましょう!

こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
MW WP FORMで自動返信メールの内容を条件分岐で記述する方法

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →