2020.12.24  2021.04.04

WordPress記事の並び順を自由に変更して出力する方法

皆さんこんにちは!マコブログです!
今回はWordPressで記事を書く際、記事の順番を自由に変更し、その順番でサイト上に出力する方法を解説していきたいと思います。

まずはクエリーを設定する

記事を出力する準備をしていきましょう。



例)

<?php
$makoblog_query = array( //クエリー初期設定
'post_type' => '投稿タイプ', //投稿タイプ
'post_status' => 'publish', //公開済みの記事
'posts_per_page' => 出力数, //出力数 -1で全件
//'order' => 'DESC', //降順ソート
//'orderby' => 'date ID', //投稿日でソート
//'paged' => get_query_var('paged'), //ページ番号を考慮
);
$makoblog_query = new WP_Query($makoblog_query);
?>

上記のようなクエリーを書けましたでしょうか?
基本的にWordPressで記事を出力する際は、上記の形でクエリーを作成し、while文で記事の中身を出力します。

上記のクエリー設定で今回一番重要なポイントは、「order」と「orderby」がコメントアウトされていることです。
通常は設定する項目なのですが、こちらを設定してしまうとWordPressにある記事の順番を無視して日付順でソートしてしまうからです。

なので今回は「order」と「orderby」はコメントアウトしておきましょう。

プラグイン「Intuitive Custom Post Order」を使う

クエリーで記事を呼び出すことが成功したら、次は管理画面に移動してください。
そして、プラグインから、「Intuitive Custom Post Order」をインストールしましょう。

「Intuitive Custom Post Order」は、記事の順番をドラッグドロップで簡単に変更できる便利なプラグインです。
有効化が完了したら、「設定」のなかに「並び替え設定」があると思いますので、そちらへ移動してください。

「並び替え設定」に移動したら、カスタム投稿タイプ一覧が表示され、その横にチェックボックスがあると思います。
そのチェックボックスにチェックを入れることで、その投稿の記事全てが並び替え可能になります。
※このプラグインはカスタムクソノミーにも適用できます。

これで全ての準備が整いました。
管理画面から記事の並び順を変え、先程作成したqueryで出力している記事の順番を見ていただくと、
記事の順番どうりに出力されていると思います。


まとめ

いかがでしたか?
今回はWordPressで記事を書く際、記事の順番を自由に変更し、その順番でサイト上に出力する方法を解説しました。

こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
Googleアドセンス、同じコードをサイト内に複数設置してみた。
最後まで見て頂きありがとうございます。また次回の記事でお会いしましょう!

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →