2020.11.03  2021.04.04

WordPress テーマファイルに人気記事を掲載する方法

皆さんこんにちは!マコブログです!

今回は、WordPressのテーマファイルに人気記事を掲載する方法についてご紹介します。
オリジナルのテーマを作成中、WordPressの管理画面からではなく、直接コードを記述して任意の場所に人気記事を掲載したいという方は是非今回の記事を参考にしてみてください。

実際私も、人気記事をサイドバーではなく、自分の任意の場所に表示させたいと思い、調査した結果を今回紹介します!



では参りましょう!

WordPress Popular Postsとは

人気記事のシステムをPHPで記述し、オリジナルの判定機能を作ってもよいのですが、閲覧数をカウントし、それをカテゴリ分けしながら特定の表示方法をとるシステムを作るには、
それなりの時間と労力が必要ですよね…

そんなときに便利なのがこの「WordPress Popular Posts」というWordPressのプラグインなのです!
このプラグインは何なのか、簡単にご紹介すると、人気記事をサイトに表示させることができ、ショートコードやテンプレートタグを使用して、
サイト内の任意の場所に人気記事一覧を掲載することができる優れたプラグインなのです!

実際に私が調べた中でも、「WordPress Popular Posts」はかなりの人気を誇っており、参考になるサイトなども多く見受けられるので、
人気記事を掲載する際には、このプラグインを使用するのがよさそうです!

WordPress Popular Postsを使用する準備

まずは管理画面からWordPress Popular Postsをインストールしてください。

インストールが完了しましたら、プラグイン一覧から有効ボタンを押して、有効かしてください。
すると、WordPressの管理画面上に、設定>WordPress Popular Postsという項目が増えていると思いますので、
WordPress Popular Postsの設定画面へ移動してください。

すると、統計情報という文言が表示されます。



これがWordPress Popular Postsの設定画面です。

これでWordPress Popular Postsを使用する準備は整いましたね!

WordPress Popular Postsの使い方

先ほどの画面から、パラメータというリンクがあると思いますので、そちらをクリックしてください。

すると、ショートコードの説明と、テンプレートタグの説明が記述されているかと思います。

ショートコードとは

ショートコードとは、WordPressの管理画面に直接記述ができるコードで、直接PHPファイルを触る必要がなくなるものです。
※任意の場所にコードを配置したい場合はあまりお勧めできないかもしれません…

テンプレートタグとは

テンプレートタグとは、直接PHPファイルに記述をすることで、サイト内にプラグインの内容を表示することができるものです。

<?php
if ( function_exists('wpp_get_mostpopular') ) {
wpp_get_mostpopular();
}
?>

今回の例では上記のようなテンプレートタグを使用します。
こちらに公式のリンクを張っておきます。

今回は、サイト内の任意の場所に人気記事を掲載することが目的なので、テンプレートタグを使用して人気記事を表示することをオススメします。
上記のPHPを、テーマファイルのPHPに張り付けるだけで、人気記事の表示が可能になりますので、試してみてください。

WordPress Popular Postsの表示をカスタマイズしたい方は、先ほどの「パラメーター」にオプション一覧とその効果が右に詳しく記述されていますので、
自身でお好みのカスタマイズを行ってください。

下記にカスタマイズ例を記載しておきますね。

<?php
if ( function_exists('wpp_get_mostpopular') ) {
/* Get up to the top 5 commented posts from the last 7 days */
wpp_get_mostpopular(array(
'limit' => 5,
'range' => 'last7days'
));
}
?>

簡単に紹介すると、limitは表示数、rangeは計測期間という感じです。


まとめ

今回は、WordPress Popular Postsでサイト内に人気記事一覧を表示する方法をご紹介しました。
テンプレートタグを使用すれば、サイト内の任意の場所に人気記事一覧を表示できるようになるので、是非、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

それでは!また次回の記事で!

こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
Googleアドセンス、同じコードをサイト内に複数設置してみた。

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →