2020.12.17  2021.04.04

sourcetreeでログイン画面が何度も出てきてpushができない原因と解決方法

皆さんこんにちは!マコブログです!

今回はsourcetreeで変更箇所をGITへpushする際、ログインを何度も求められてpushができないバグについてお話していきます。

アカウント情報が悪かった

まず今回の話題のオチを最初に説明すると、アカウント情報に不備があり、pushできていなかった。という話でした。

sourcetreeでアカウント情報を調べる方法

sourcetree上部にある「ツール」>「オプション」>「認証」にすすんでください。



ここでsourcetreeからpushする際に使うアカウント情報が表示されています。

アカウント情報をしらべる

pushしたいプロジェクトに参加しているユーザー情報が、「ツール」>「オプション」>「認証」内のユーザー一覧にあるかを確認してください。



たとえば、~github.comで、あるプロジェクトに参加している場合、認証の中に「~github.com」のユーザー名がないとpushするときにログイン情報を求められます。
これが分からないと、せっかく修正した内容がいつまでたってもpushできません。
※ログイン情報を何度も求められる場合、上記のユーザー情報が正しく追加されていないことが問題の可能性が高いです。

アカウントをトークンで読み込む

先ほどの「認証」から、「追加」を選択してユーザーを追加しましょう。

ホストをgithubに変更し、トークンでアカウントを追加しましょう。
OAutoで認証しようとすると、githubと連携している画面に飛ばされますので、一番下の緑の認証ボタンを押せばユーザーが自動で追加されます。


アカウント情報の確認

上記の作業がすべて完了したら、githubのユーザーをデフォルトに設定し、pushしてみてください。

それでもだめだったら…

それでも変化がなかった場合、「認証」にあるユーザー情報をすべて消しましょう。(複数ある場合も)
その後、プロジェクトに参加しているユーザー情報のみをもう一度追加します。



そして、ユーザー情報を一つにした状態でpushをすれば、成功すると思われます。←自分はこれで治りました。汗

まとめ

いかがでしたでしょうか?
githubで複数人で作業する際、sourcetreeはかなり便利なツールです。

pushをした際、何度もログイン情報を求められ、一向にpushできない!という悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、こちらの記事を参考にしていただけますと幸いです。

下記の記事もチェックしてみてください↓
MW WP FORMで自動返信メールの内容を条件分岐で記述する方法

以上!マコブログでした!

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →