2021.03.25  2021.04.09

マーケティングにおけるさまざまなデータ分析に役立つツールの見方について

皆さんこんにちは!マコブログです!
今回は、マーケティングにおけるさまざまなデータ分析に役立つツールの見方について説明していこうと思います。

グラフの種類

企業では、経営戦略の策定やマーケティングにおいて、様々なデータ分析を行います。データ分析には、グラフの活用が有効です。データをグラフに表すことによって、ただ数値を眺めるだけでは分からなかったデータの規則性や関連性に気付くことがあります。


散布図

2つの項目を縦軸と横軸にとり、点のバラつき方からその2項目の関係性を分析するグラフを散布図といいます。一方の値が増えるともう一方の値も増える関係を正の相関、一方の値が増えるともう一方の値が減る関係を負の相関、2項目の関係性が全くないことを無相関といいます。
例)正の相関の散布図

ヒストグラム

データをいくつかの階級ごとに分け、階級ごとの度数を集計することによって、データの分布を調べるグラフをヒストグラムといいます。
例)ヒストグラム

管理図

異常なデータを発見するために使う、下のような折れ線グラフを管理図といいます。管理限界線を設定することにより、はみ出したデータを異常値としてみなします。
例)管理図



パレード図

値が大きい項目順に並べた棒グラフと、それぞれの値が全体に占める割合を累計していった折れ線グラフを組み合わせたグラフを、パレード図といいます。
重要な項目を把握することができ、ABC分析によく使われます。
例)パレード図

ABC分析

ABC分析とは、値が全体に占める割合によって、項目をA・B・Cの3つのランクに分け、重要度を分析する分析手法です。
例えば商品ごとの売り上げデータを分析すれば、重点的に力をいれていくべき商品が把握でき、不良品やクレームの原因ごとにその発生件数を分析すれば、優先的に改善すべき問題を把握できます。

レーダチャート

項目ごとに大きさや量、評価度などを表し、データのバランスを調べるグラフをレーダチャートといいます。
例)レーダチャート

デンジョンテーブル

ある事柄に関する条件と、それらを満たすときと満たさないときの行動を一覧にした表を、デンジョンテーブル(決定表)といいます。複数の条件がある場合の行動整理に役立ちます。
一般的に、表の上部に条件を示し、下部に行動を示します。
例)デンジョンテーブル

まとめ




いかがでしたか?
今回は、マーケティングにおけるさまざまなデータ分析に役立つグラフの見方を説明していきました。
それぞれのグラフの特徴を理解し、適切な分析を行ってみてください!
是非こちらの記事も是非チェックしてみてください↓
ブログ開設から1カ月以内にグーグルアドセンスの審査に合格した話

あなたにオススメの記事
マコブログ
Makoto
高校卒業と同時にプログラミングを学習しはじめ、今年で4年目になります。
普段はフロント周りで作業をしていて、WordPressの開発とSEO対策には自信があります。
マコブログでは、プログラミングやSEO対策についての情報を発信しています。

よく読まれる記事

S&P500研究所

【マコブログ 2nd】S&P500研究所がOPENしました!!

Read More →